当ページでは、ホームページの種類について解説しています。ホームページとしてすべて包括的に述べられることが多く初心者の方にはその違いがわからないかもしれません。しかし、実際にはホームページにはいくつかの種類があります。それはどのようにホームページを作るのかによって分けられます。

ホームページの種類概要

 CMS制作プラットフォーム無料ブログ制作ソフト
サービスWordpress
Movable Type
baserCMS
FC2ホームページ
Jimdo
Wix
FC2ブログ
はてなブログ
Livedoorブログ
ホームページビルダー
Sirius
Dreamweaver
イメージwordpressfc2homepagefc2bloghomepagebuilder
初心者
費用0円~0円~0円~10,000円~
実費ドメイン・サーバー代プランによるプランによるドメイン・サーバー代
カスタマイズ性
機能
SEO対策
おすすめ度×
ホームページの種類についてまとめました。各カテゴリーごとに主要なサービスをピックアップしています。初心者の方が独学で行うなら無料ブログが最も簡単です。最近はJimbo及びWixといった制作ツールが人気です。海外発祥のものが多いもののデザイン性が高く初心者の方でも扱いやすいです。制作プラットフォームと制作ソフトの違いはWEB(クラウド)で完結するかソフトウェアを購入する必要があるかどうかです。

WordPressは、自由度が高く長く運営するならおすすめです。CMSの費用はサービスによって異なります。Wordpressは基本的には無料で利用することが可能です。実費については、CMS及び制作ソフトを使用する場合ドメイン代(年間1,000円程度)とサーバー代(年間5,000円程度)が掛かります。無料ブログの場合はサービスのサブドメインを使用する形が一般的なので不要です。ただし、最近は独自ドメインを使用できるサービスが増えていてその場合ドメイン代が別途必要です。

カスタマイズ性及び機能性についてはCMSがずば抜けています。特にWordpressについては知識のあるエンジニアさんやデザイナーさんが多く作業を依頼しやすいというメリットもあります。様々な機能を持つプラグインが用意されていて実装も簡単です。SEO対策については使用するテンプレートに依存するものの比較的しっかりと基本ができていると思います。一方、無料ブログでは構造の変更が難しいというデメリットがあります。制作ソフトも同様ですね。

ホームページの種類とその特徴

CMS(Wordpressなど)

最近主流になってきたのがCMS(Contents Management System)と呼ばれるサービスを利用したホームページ制作です。Wordpress、baserCMS、Movable Typeなどがその代表です。これらのCMSは、基本的に無料で利用することができ簡単にホームページを作成することが可能です。人気のあるCMSであれば利用者が多くカスタマイズなどに関する情報が豊富です。わからないことがあっても調べられるのは魅力的だと思います。

また、CMSにはテンプレートと呼ばれるデザインや追加機能で必要なプラグインも豊富に用意されています。そのため自分の思い描くホームページを制作しやすいメリットがあります。ただし、仮にも一つのツールですのでCMSを利用するためには基本的な情報を知らなければなりません。何も知らずにCMSを活用するのは難しいことです。ネットや書籍などを活用して最低限の情報は自分で得るようにしておきましょう。

クラウドHP制作プラットフォーム(Jimdoなど)

クラウドHP制作プラットフォームは、WEB上で気軽にホームページを作成できるサービスのことです。コーポレートサイトやLPを作成するのに適しています。ガイドが充実しているため初心者の方でも取っつきやすいです。ドラッグアンドドロップなどで直感的に操作を行うことができます。

基本的には無料で利用することができますが、広告を非表示にしたり制限を解除にしたりしたい場合は有料プランで対応できることがあります。海外発祥のサービスが多いですが、日本語でサポートを受けられるサービスもありおすすめしやすいです。

無料ブログ(はてなブログなど)

無料ブログを利用してホームページを作ることができます。芸能人がブログを書いているアメブロなどが有名ですね。ブログは厳密にはホームページの種類ではありませんが、ここではホームページとほぼ同じものとしてご紹介します。

無料のブログであれば登録するだけで利用できるようになりますので、無料でかんたんに導入できるメリットがあります。登録など面倒だと感じてしまうかもしれませんが、数分で完了するものが大半であり実は導入が最も簡単です。

また、無料のブログの種類やブログに採用されているドメインによってはSEOに強い部分もあります。そのため、ホームページを制作して簡単に検索順位の上位を狙えることもあります。

ホームページ制作ソフト(ホームページビルダーなど)

ホームページ制作ソフトを利用してホームページを作ることも可能です。ここで言うホームページ制作ソフトとは具体的には以下のものです。

  • ホームページビルダー
  • シリウス
  • Dreamweaverなど

上記は一例ではありますがこれらのソフトを使ってホームページを制作することができます。基本的に1から自分でホームページを作る必要があります。常にデザインを確認しながら制作できることが特徴です。利用するソフトによっては基本的なデザインが用意されていて、そこからカスタマイズできるようになっている場合もあります。

ただ、CMSよりはHtmlやCSSといった基本的なホームページの知識が必要です。例えば最近話題となるレスポンシブデザインや検索エンジン対策のSEOなどWeb制作に関する知識は最低限持ってからチャレンジしましょう。

自分の役割やコストでホームページの種類を選択する

ホームページの種類を決定する場合には自身の役割とコストで選択することが重要です。例えば自分がホームページに関する専門的な知識を保有している場合、CMSを導入したりホームページ制作ソフトを活用して作り上げて行くと良いでしょう。その中でコスト重視の場合には無料ブログやWordPressベースで制作することで低コストとなります。

逆に専門知識がなければ外注も選択肢に挙がるでしょう。外注することで大半のことを対応してもらえます。ただ、WordPressでも外注することもあります。自分が知識を持っていても時間との関係で外注することもあります。WordPressを利用すること自体は無料です。しかし、別途カスタマイズなどを行う場合は費用が必要となることがあります。