サイト構造の考案を行いどのようなカテゴリーや記事が必要なのかを考えたら次は具体的なコンテンツの企画を行います。コンテンツとは、ウェブサイトで主要な役割を果たすブログやインタビュー記事などのことです。コンテンツがあるからこそ多くの潜在顧客に訴求することができるのです。

コンテンツ企画の目的

コンテンツ企画の目的は、商品やサービスの販売に繋げるために潜在顧客が必要とする情報を提供することです。サイト構造の設計で行ったカテゴリーごとにコンテンツ企画を考えるとわかりやすいですね。自己満足になってはいけません。あなたがしたい企画をするのではなく、ユーザーに求められる企画をすることが重要です。そうしないとユーザーに読まれる可能性も低くリソースが無駄になってしまいます。

企画するコンテンツ例

コンテンツと一口に言っても様々な形態が考えられます。ここでは考えられるコンテンツ例について紹介します。目的を果たすのに最適なコンテンツを企画していきましょう。

インタビュー(商品の生産者など)

インタビュー記事は価値のあるコンテンツになりやすいです。なぜなら独自性が出しやすいことと信頼性が高くなりやすいことが要因です。例えば、商品を実際に生産している専門家のインタビュー記事となると読者の方の気を引きやすいと言えます。

外部の人の協力を仰いで打ち合わせから入稿までうまくスケジュールを管理する必要があります。時間とコストは掛かりますが、その分価値のあるコンテンツとなりやすいのは魅力的です。

お客様の声

お客様の声をまとめるということもコンテンツとなり得ます。実際にお客様になった方の声があれば、潜在顧客に対してアピールできます。どのような課題があったか、商品あるいはサービスでどのように解決に至ったのかをしっかりと伝えることが大切です。同じような悩みを抱えている可能性がありますので、新しいお客様に対しての訴求力は強いです。

代表者ブログ

代表者の方のブログコンテンツも人気があります。ブログを通じて貴社の代表者あるいは担当者の方の人柄を知って契約に至るということも起こり得ます。次に紹介するお役立ち情報を中心に、たまにプライベートの記事を入れると良いですね。特にコーポレートサイトは堅くなりがちで、代表者あるいは働いている人がどのような人なのかイメージしにくいです。その点ブログなら人柄を知ってもらえる場となります。

お役立ち情報・統計/アンケート

専門分野の基礎知識は必然的に専門性、正確性が高くなるため、その情報を必要としている人には重宝されます。美容系の会社なら美容に関する知識を提供したり、PC販売ならPCの修理の方法などを提供したりと自社の業種に応じて最適な情報を提供しましょう。Twitterなどで拡散するといわゆるバズが起こることもあります。狙ってできるものではありませんが、貴社のブランド認知を高められるというメリットがあります。

また、統計・アンケートも有効な企画コンテンツです。これも特定のデータを独自に集計し、編纂する手間がかかる分、多くの人にとって有益な情報を提示することができます。ただデータは客観的かつ正確に収集する必要があり、そのプロセスにミスがあると虚偽・フェイクニュースになりかねません。作成の際にはファクトチェックを怠らないようにしましょう。

時事ニュース

時事ニュースを絡めたコンテンツ作りは、上に紹介した他の企画と絡めていくことで効果を発揮します。例えば自社が旅行関係のビジネスを展開していて、燃油サーチャージが安くなるというニュースが今流れたとします。するとそのニュースを見た人には「燃油サーチャージって何?」という疑問や、「これが高くなると何が変わるの?」「そもそもサーチャージってどんどん安くなるんじゃないの?」など、多くの検索ニーズが生まれます。

それを自社コンテンツで解決していけば、比較的簡単・確実に訪問者数を増やすことができるでしょう。「燃油サーチャージの意味とは?」「過去10年の燃油サーチャージ価格を調べてみる」など、様々なコンテンツ企画が期待できるでしょう。

貴社の要望に合わせて最適なコンテンツ企画を実施

弊社では、貴社の要望をヒアリングして最適なコンテンツを提案いたします。インタビュー、お客様の声など業種によらず有効な企画を中心に、リソースや要望に応じてお役立ち情報などその他コンテンツを企画します。

私たちの仕事を見る

戦略制作運用
strategy
・業界分析
・競合分析
・キーワード分析
・ペルソナ策定
・KPI策定
seisaku
・サイト構造考案
・コンテンツ企画
・ワイヤーフレーム
・コーディング
・WEBサイト翻訳
unnyou
・アクセス解析
・A/Bテスト
・SNS運用
・LP制作
・広告出稿

お問い合わせ

各種サービスのお見積りやご質問などございましたら弊社にお気軽にお問い合わせください。
SEOコンサルティングからウェブサイト制作まで、貴社にとってベストなご提案をさせていただきます。

お問い合わせへ