A/Bテストは、アクセス解析&改善の成果を判定するのにとても重要なフェーズです。効率よくWebマーケティングを実施するためにもWeb担当者はABテストについて理解しておきましょう。

テストが行われるのはバナー、コンテンツの一部、フォントサイズなど様々です。新しくWEBサイトに対して施策を施したときなどに活用します。

ABテストとは?

A/Bテストとは、AとBの二種類のものを比較してどちらが効果が出ているのるかを見極めるものです。簡単に説明すると「デザインAとデザインBのどちらが魅力的か」を実際にWebサイトを公開してテストをすることです。具体的に列挙すると以下のものが例に考えられます。

A/Bテストの範囲例

  • 1ページ内での構成違い
  • ファーストビュー
  • 色違いなど
  • バナー/ボタンのデザイン違い
  • キャッチコピーの違い

ページ丸ごとの比較をするのではなく特定の部分に限って異なったデザインを作ります。そのデザインの違いによって、コンバージョン率の変化が生まれるかどうかなどWebマーケティング面での変化が出るかどうかを確かめるものがABテストです。実際に利用した結果からより良い策を選択可能です。

ABテストは言い換えるとテスト的にページを公開することです。日ごろからWebサイトを利用している人にテストに参加してもらうイメージです。どんなに私たちが良いデザインだと考えてもABテストの結果が悪ければ意味が無いと考えられます。実際に利用した結果からより良い策を選択できることがABテストを実施する理由となります。

A/Bテストで見るべき数値

  • 滞在率
  • クリック率
  • CV

上記のような数値の変化を計測することになります。構成の違いをテストするのであれば滞在率を見たり、ボタンやバナーならクリック率がどのように変化したのかなどを指標とすると良いですね。

ABテストが重要な理由

低予算でユーザの反応を得るため

ABテストは実際にWebページを公開して利用者の反応を得るテストです。つまり、低予算で利用者の反応を得られるテストでもあります。一般的に複数の広告を出して利用者の流入率やコンバージョン率を比較するテストには時間とお金が必要となります。

予算面でテストを実施できない企業もあります。それに対してABテストはやり方にもよりますが、広告を出してテストするものより低予算であることが一般的です。そのため、予算を抑えてデザイン面でのテストをしたいときに利用されます。

Webサイトの修正などの理由付けをするため

ABテストは上層部にWebサイト修正の理由付けをするためにも利用できます。上層部に対しては、「理論的に○○である」と伝えてもなかなか修正に対する理解を得られないことがあります。しかし、ABテストの結果を踏まえて「数値から判断するとこうである」と出せば説得力が増します。

ABテストは具体的に数値を出すためのテストです。説得力を増すために数値を出すとは表現しましたが、これはABテストの本質でもあります。感覚で成果が出たとか成果が出なかったというのでは説得力がありません。必ず数値で示すことでより効率的に施策の実施ができると言えます。ただし、あまり細かくこだわりすぎてしまうとい膨大な時間が掛かります。どこまでするのか基準を考えておくことも大切です。

ABテストを実施する際の注意点

ABテストはなんとなくやれば良いわけではありません。注意点を意識して実施することが大切です。ABテストを実施するにたり注意しなけばならないことをご説明します。

比較したい項目以外は統一する

比較したい項目以外は統一することが何よりも大切です。複数のボタン色を同時に変更するなど、影響を与える可能性がある事象を2つ以上用いてはいけません。また、曜日や時間などのタイミングも注意する必要があります。

片方は日曜日で片方は木曜日などの検証は良くありません。他にも比較したい部分以外の画面構成を変更することも避けなければなりません。それ以外にも世の中でブームになった商品であれば、たまたまPVが上がるなどの可能性も考えられます。自分たちではどうすることもできない要因もありますが、可能な限り比較したい項目以外は統一することが大切です。

ABテストの目的を明確にする

ABテストは全ページにやるものではありません。特定のページに対してのみABテストを実施します。その特定のページを決めるためには以下のことを明確にしなければなりません。

  • なぜそのページなのか
  • 何がゴールなのか

一般的にはトップページからコンバージョンのあるページまでの導線を考えます。つまり、「なぜ」はコンバージョンが発生するまでの正しいかを知るためであり「ゴール」は例えば商品を売る・資料請求を受けるなどとなります。

ABテストを実施するためのおすすめツール

ABテストを実施するためにはツールを利用することをおすすめしています。直接Webサイトのデザインを変更するのも一つの手法ではありますが手間がかかります。ツールを利用してABテストを実施するためにおすすめをご紹介します。

Visual Website Optimizer

比較的多くの企業で導入されているものがこちらのツールです。専用のJavaScriptをWebサイトに導入するだけで簡単にABテストが実施できます。導入のハードルが低いという点でおすすめのツールです。また、ABテストの結果がグラフィカルに閲覧できるようにもなっています。なかなかABテストの結果を初心者が分析するのは難しいことです。しかし、こちらのツールを利用すれば初心者でも容易にABテストの結果を理解・分析できます。

Google Optimize

Googleが提供しているテストツールです。ABテストのためだけに提供されているツールではありませんが、機能の一部を利用することでABテストが実施できます。こちらのツールの魅力は、まず無料版でも同時に5カ所までテストができることです。複数のページでABテストを実施したい場合でも低価格で利用できます。

また、Googleが提供するサービスということもありGoogleが提供するほかのサービスと連携できます。例えばアクセス解析に利用するGoogleアナリティクスとの連携が可能です。これらを駆使することで、Googleのサービス内でABテストの実施や分析が完結できます。ただ、全体的に機能が多いものであり初心者が使いこなすのは少々ハードルが高いです。ネットには活用法が様々紹介されていますので、それらを閲覧しながら活用の可否を判断してみましょう。

ABテストを実施してコンバージョンのアップを目指す

ABテストはコンバージョンのアップを目指すものです。Webマーケティングに関する他のテストを実施するよりも、低予算で早く結果が得られます。その反面で正しく実施しなければ、ABテストを実施しても良い結果が得られません。 逆に状況の悪化を招いてしまう可能性もあります。正しく理解さえしていれば難しいテスト方法ではありません。Web担当者であれば最低限の知識は理解し、ABテストで正しい方向性を導き出せるようにしておきましょう。

私たちの仕事を見る

戦略制作運用
strategy
・業界分析
・競合分析
・キーワード分析
・ペルソナ策定
・KPI策定
seisaku
・サイト構造考案
・コンテンツ企画
・ワイヤーフレーム
・コーディング
・WEBサイト翻訳
unnyou
・アクセス解析
・A/Bテスト
・SNS運用
・LP制作
・広告出稿

お問い合わせ

各種サービスのお見積りやご質問などございましたら弊社にお気軽にお問い合わせください。
SEOコンサルティングからウェブサイト制作まで、貴社にとってベストなご提案をさせていただきます。

お問い合わせへ