広告出稿とは、お金を掛けて様々な媒体に広告を出すことです。2019年になりWebには広告が溢れています。数多くの情報が広告を経由して皆さんに提供されていることでしょう。日頃から目にする広告ですが、実際に自身で出稿したいときにはどうすればよいのでしょうか。Webで広告出稿をするにあたり理解したい広告の種類と出稿するときの選びかたを解説します。

広告出稿のメリット

即効性があり成果が出やすいことから予算がある方であれば検討する価値があると言えます。ホームページを作ってもすぐに集客ができるわけではありません。コンテンツを増やすことと並行して広告出稿を検討してみてください。すでにSEO対策が十分できているという場合でも、相乗効果も見込めるため活用している方が増えています。

広告出稿の種類

広告出稿の対象となる媒体には様々なものがあります。大きく分けるとリスティング広告、リマーケティング広告、ディスプレイネットワーク、SNS広告、Youtube広告、アフィリエイト広告などがあります。

リスティング広告

Google広告やYahoo!プロモーション広告などが当てはまります。検索エンジンの結果画面に表示される広告のことです。購買意欲あるいは興味が高いユーザーが多いため成果が出やすいです。広告を表示される人がどのようなネット検索をしているのかどうかを踏まえて広告が表示されるようになっています。

つまり、検索エンジンの利用結果に応じて適切な広告が出るものです。日頃からネットを利用している人であれば検索したものと似た広告が出稿されていることに気づくことがあるでしょう。これはリスティング広告と呼ばれるもので検索結果を利用して表示する広告が選ばれています。

リターケティング広告

様々な広告経由でサイトに来てくれたユーザーに再度広告を出せるサービスです。GDNやYDNのリターケティングやFacebookリマーケティングなどがあります。一度サイトに来てくれているので一定の興味があるユーザーに出稿できるのがメリットです。そのため、リターゲティング広告は他の広告に比べて高いコンバージョンが見込める広告です。

ディスプレイネットワーク

広告枠を持つブログやサイトに出稿ができるサービスです。Googleディスプレイネットワーク(GDN)、Yahoo!ディプレイネットワーク(YDN)などが挙げられます。

SNS広告

TwitterやFacebookなどを利用した広告です。SNS広告はTwitterやFacebookに実際に広告の内容を投稿するものです。SNS広告は利用者の年代などを指定できるものもあります。また、幅広い人に表示されるように指定することも可能です。SNSの利用者は増えてきていますので幅広いアピールに利用できます。

Youtube広告

You Tubeに差し込む広告などのことです。動画再生サイトで表示されるものをイメージする人が多いのですが実際には通常のWebサイトで動画広告が利用されていることもあります。
動画ですの映像と音楽などで多角的にアピールができます。なかなか文字や画像だけでは伝わらないことも動画広告であれば伝わりやすい可能性があります。最近は様々なWebサイトで取り入れられていますので出稿の候補に十分挙がります。

アフィリエイト広告

成果報酬型のアフィリエイト広告は最近注目されている種類の広告です。成果が出ない限りコストが掛からないため、お金を掛けたのに成果がでないということはありません。多くの代理店がこのアフィリエイト広告を取り扱っているのは企業側にとっても、利用者側にとってもメリットが大きいからだと考えることができます。

最適なインターネット広告の選び方

インターネット広告には多くの種類があります。それではどのインターネット広告に出稿するのが良いのでしょうか。インターネット広告を選択するための観点をご説明します。

広告形態

広告形態はバナー画像にするか動画にするかなどを決定しなければなりません。また、伝えたい内容は視覚的なもので画像でベースになるのか内容が多く文章的なものになるのかなどを踏まえて判断する必要があります。
広告形態を間違えると出稿しても高価が期待できなくなってしまいます。ターゲットがいないサービスなどに出稿しても意味がありませんので注意が必要です。

予算

広告出稿ですのでもちろんですが予算も重要です。広告はその種類によって考えるべき予算が異なります。例えばクリックしてもらうタイプの広告であれば1クリックの単価を考えなければなりません。また、合計の予算を考える必要もありますし、広告を出したい回数から逆算して単価を考えたり単価と回数から合計の予算を考えたりする必要もあります。これらの情報を踏まえてインターネット広告を選ばなければなりません。

ペルソナ

ペルソナも考えなければなりません。ペルソナを考えずに広告を出稿してもなんの意味もありません。先にペルソナを考えてそれにふさわしい広告に出稿することが大切です。例えばSNS広告はペルソナに近くなりやすい特徴があります。他にも動画広告は多角的なアピールができることから潜在ニーズを披拾うなどの特徴があります。ペルソナを踏まえてピンポイントにアピールするのか曖昧なペルソナから多角的にアピールするのかを考えましょう。

広告出稿前に特徴を理解しておくべし

Web広告はどれも同じではありません。どれに出稿するのかによってアピールの仕方がことなります。そのため広告の出稿前にそれぞれの特徴を理解して置かなければなりません。また、広告の特徴を踏まえて単価なども決定しなければなりません。種類の理解とその理解を踏まえた単価の設定をしなければなりません。

私たちの仕事を見る

戦略制作運用
strategy
・業界分析
・競合分析
・キーワード分析
・ペルソナ策定
・KPI策定
seisaku
・サイト構造考案
・コンテンツ企画
・ワイヤーフレーム
・コーディング
・WEBサイト翻訳
unnyou
・アクセス解析
・A/Bテスト
・SNS運用
・LP制作
・広告出稿

お問い合わせ

各種サービスのお見積りやご質問などございましたら弊社にお気軽にお問い合わせください。
SEOコンサルティングからウェブサイト制作まで、貴社にとってベストなご提案をさせていただきます。

お問い合わせへ