当記事では、質の高いコンテンツとは何かについて考察しています。記事のクオリティは、最近注目されているコンテンツSEOの中心となる存在です。今はリンクよりコンテンツが重要な時代だと言われています。どのようなコンテンツを作ればいいのかを具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

コンテンツの質が悪いと思うように順位が付かない

今は、「コンテンツイズキング」と言われる時代になっています。数年前までであれば中身のないコンテンツであっても被リンク(外部SEO)の力で検索順位を上げることが可能でした。しかし、2019年時点でGoogleのアルゴリズムの精度が高くなり、リンクの力だけで安定して上位表示をさせることは難しくなっています。

リンクが重要であることは変わりませんが、それに加えて記事の質も重要な要素になっているということです。コンテンツSEOという言葉が生まれたのにはこのような背景があるのです。次に質の高いコンテンツとは何かについて解説しています。

Googleの検索エンジンは完璧ではない

Googleの検索エンジンはまだまだ発展途上であることを理解しておきましょう。つまり、ユーザーのことだけを考えているだけではうまくいかないこともあるということです。

Googleが好むサイトを作る必要もあると言えます。ユーザー目線でのサイト運営をしていればある程度成果が出ることは間違いありません。しかし、高みを目指すのであればユーザーとGoogleとのバランスを考えることも必要になってきます。

質の高いコンテンツとは?何かを検証【2019年】

ユーザーが求めるコンテンツ=質の高いコンテンツ!?

”質の高いコンテンツ”を一言にまとめるとそれはユーザー求めるコンテンツであるということです。Googleは検索エンジンをユーザーに利用してもらうことで利益を出している企業です。検索結果に価値のないサイトばかり表示されてしまうとユーザーが離れてしまい、ユーザーは利益を上げることができなくなります。つまり、Googleという企業が生きていくためにも、ユーザーが調べたことに対してユーザーが求めるコンテンツを提供してくれるサイトがないとダメなのです。サイトの運営者はユーザーが求めるコンテンツを作り続ける必要があります。

では、どのようにGoogleは該当のコンテンツがユーザーが求めているものであるかを判断できているのでしょうか。一つずつ目視で決めているわけではなく、アルゴリズムと呼ばれるプログラムで判断しているのです。ブラックボックスになっているためアルゴリズムが具体的に何を指標としているのかはわかりません。しかしながら、経験やGoogleの公式発表からある程度予測することができます。満足したユーザーはどのような行動をするかを考えればイメージしやすいと思います。

Googleはユーザーの行動でサイトコンテンツの質を測るしかない

サイトユーザーの行動でGoogleがコンテンツの満足度を測っていると考えるのは自然だと思います。例えば、「ドラム式洗濯機 おすすめ」で検索したユーザーがサイトを訪問してすぐに検索結果に戻ったとしたらそれはそのユーザーにとって必要な情報がなかったと考えられます。一方、サイトを訪問して一定時間滞在してから他のページへのリンクをクリックしたり、ブラウザを閉じたりすればそれは満足した可能性が高いでしょう。なぜならそのサイトのコンテンツに満足したからこそ他のサイトに遷移していないと予測できます。

もちろん、何を持ってユーザーの満足度が高いとするかは、検索するワードやジャンルなどによって異なりますが、そこはGoogleが抱えるビッグデータで十分分析できるはずです。PV(どのぐらいのページを見られたか)、直帰率(サイト訪問後検索結果に戻った率)、滞在率(どのぐらいの時間サイトに滞在していたか)など重要な数値はGoogle Analyticsで知ることができます。これらの指標についてサイトごとあるいはページごとに相関関係を探してみるのも良いかもしれません。

コンテンツの質を高めるために重要なポイント

具体的にどのようなことを意識してコンテンツを作成すれば良いのかを解説しています。ユーザー目線でのサイト運営をしていれば基本的には問題ありません。しかし、なかなか思うように順位が上がらないという場合はぜひ参考にしてくださいね。

ユーザーの検索意図を満たしていること

ユーザーが何を考えて検索しているかを第一に考えてコンテンツを作りましょう。何を意図して検索しているのかに対して適切な答えをぶつけることができれば検索糸を満たしていることになります。また、複合ワードについてもできる限り網羅していきたいですね。こうすることで必然的に狙っているワードの関連ワードあるいは共起語が含まれることになります。

共起語とは、特定のワードに対して同時に想起されるワードのことです。例えば、「ダイエット」なら体重、減量、置き換え、ボクシング、運動など一緒に考えられるワードは多いですね。共起語を押さえることが大切というのは、ユーザーの意図を満たすために記事を書けば必然的に共起語も含まれるということだからですね。

オリジナル記事であること

ただ、単純にユーザーの検索意図を満たしているだけでは不十分です。オリジナル記事である必要があります。他のサイトからコピペをしたり、リライトをしたりしてコンテンツを作るのはNGです。あなた自身が考えて、作り上げたコンテンツであるべきです。また、コンテンツの企画や切り口も独自だとなおよしですね。アイデアを生むためには日頃から考えるクセを付けなければいけません。なかなか思いつかないという方は専門家に依頼するというのも一つの手です。

E-A-Tを考えたコンテンツであること

「E-A-T」という言葉を聞いたことがありますか?これはExpertise(専門性)、Authoritatigveness(権威性)、Trustworhiness(信頼性)の頭文字をとったGoogleによる造語です。つまり、コンテンツにはE-A-Tがあることが重要だと言っています。

そのジャンルの専門家にふさわしい専門性があり、権威があり、信頼性が高いということが大切です。どうすればそのようなコンテンツになるのか、サイトになるのかを考え抜く必要がありますね。そう簡単にできるものではありませんので、E-A-Tに関しては別途記事についてまとめるつもりです。

当記事のまとめ

当記事では、Googleの言う質の高いコンテンツとは何かについて考察してみました。リンクだけで上がる時代は終わっています。今は、コンテンツイズキングつまり質の高いコンテンツがないとSEO的に強くならないということです。質の高いコンテンツとは、ユーザーが求めるコンテンツであると定義することができます。

しかし、それだけでは不十分でユーザーの検索意図を満たし、オリジナル記事であり、E-A-Tのコンテンツである必要があるということです。ただ、記事を書けば検索結果の上位に行く時代は終わりました。しっかりとユーザーのことを考えたコンテンツ制作を行わなければ結果が伴わなくなっています。

お問い合わせ

各種サービスのお見積りやご質問などございましたら弊社にお気軽にお問い合わせください。
SEOコンサルティングからウェブサイト制作まで、貴社にとってベストなご提案をさせていただきます。

お問い合わせへ