webwriter

当記事では、最近注目を浴びているWEBライターに関する情報をまとめています。未経験からWEBライターになるには何をすればいいのか?WEBライターの具体的な仕事内容は?といったWEBライターが目指している方が疑問に思うポイントをできる限り網羅しています。弊社でもWEBライターとして従業員を雇っていますので、より具体的な内容を記事にできると思います。

WEBライターに関する基本情報

具体的な仕事内容 WEBサイトの記事執筆
WEBサイトの記事の構成考案
WEBサイトの記事リライト
求められる学歴・スキルなど 学歴不問
正しい日本語で文章を書けること
没頭している趣味があること
ライターとしての経験など
雇用形態 正社員
契約社員
個人事業主・フリーランス
派遣社員
アルバイト
給与 ・社員
月給 20万円~
参考年収 390万円

・アルバイト、派遣社員
時給 1,200円~

・個人事業主、フリーランス
0.5円~/1文字 初心者~
2.0円~/1文字 中級者
5.0円~/1文字 上級者
10.0円以上/1文字 専門家など

WEBライターという職業の魅力と注意点

(+) 誰でも気軽に始められる

WEBライターの仕事は、パソコンさえあればいつでも気軽に初められるのが最大の魅力だと思います。高価なソフトウェアを持っていなくてもメモ帳があれば対応できます。クラウドソーシングが普及してきたことで副業で始めようと考えている方も多いです。在宅で働くことも可能ですので、外に出ることが難しい主婦の方にも人気があります。学生の方で働いている方も多いです。

(+) 強みを活かしやすい

WEBライターは、これまで経験したことを活かせる職業です。どのようなことでも打ち込んだことがあるのであれば挑戦してみる価値があります。ソーシャルゲームに詳しい、美容に興味がある、英語が得意など他の人よりも優れていると思えるものがあればWEBライターとしての適正があると言えます。なぜなら文章を書く上で知識があると有利になるからです。

(+) キャリアプランを立てやすい

キャリアプランがある程度決まっているため将来のイメージがしやすいのが特徴です。副業でWEBライターとして働く方も多く実績を作ってから転職や独立を考えることもできます。また、職種の選択肢も多くWEBディレクターやWEBプロデューサーとして働くことも可能です。WEBライターからどのようになりたいかを考えておくと良いかもしれません。

(-) 単調な仕事になりがち

WEBライター職のデメリットは、単調な仕事になりがちなことです。特に始めたばかりの頃は仕事の範囲も狭く同じような作業の繰り返しになってしまいがちです。書き続けることが苦痛になってしまう方も多いかもしれません。

そのようなときはカフェなど働く場所を変えて気分転換をすることが大切です。また、WEBライターとして働きつつブログを始めるのもおすすめです。ライターとしての経験を積みながらWEBサイトの運用についても学ぶことができるからです。その経験もWEBライターに役立つでしょう。

(-) 安定するまで少し時間が掛かる

WEBライターとして安定した収入を得られるようになるには少し時間がかかります。正社員や契約社員など企業勤務のWEBライターの方なら問題ありません。しかし、副業やフリーランスとして働くのであれば最初の数ヶ月は苦しい状況が続くと考えておきましょう。数万円稼ぐことから始まります。

WEBライターのキャリアステップ

WEBライターとして働いたらどのようなキャリアステップをたどるのかについて解説しています。これからWEBライターを目指す方や現在すでに働いている方はぜひ参考にしてくださいね。

WEBライター

WEBライターとしてのキャリアがスタートします。未経験でも始められるのが魅力です。色々なメディアの記事を書いて実績を作ります。また、ご自身でサイト運営をしたり、ブログ運営をしたりして実績を作るのも良いですね。記事を書き続けることで収入が増えてスキルにも磨きが掛かります。

WEBディレクター

WEBライター→WEBディレクターというのは一般的なキャリアステップです。ライターとしての経験を活かしやすいです。WEBディレクターは、一つのWEBサイトを作成するプロジェクトの現場責任者のような役割です。デザイン・ワイヤーフレーム作成、外注先との折衝、アクセス解析・コンテンツ修正、広告運用など業務は多岐にわたります。

WEBプロデューサー

WEBディレクターからWEBプロデューサーにステップアップされる方もいます。WEBプロデューサーは、一つのWEBサイトを作成するプロジェクトの監督のような役割を持ちます。市場分析や競合分析を行いどのようなWEBサイトを作るのか、予算配分やスタッフの配置はどうするのか、UI/UX設計やシステム設計はどうするのかといったことを考えます。ただし、WEBディレクターとWEBプロデューサーが同じ意味合いで使われることも多いです。

転職 or 独立

各職種においてスキルが身につけばより転職をしたり、独立をしたりという選択肢が出てきます。WEBライターとして独立される方もいますし、WEBディレクターとして独立される方もいます。普段から色々な人とコミュニケーションを取って人脈を築いておくとよりよいかもしれません。また、転職が前提だという方はLinkdinなどあまり利用者のいないサービスへの登録がおすすめです。ライバルとなる求職者が少なく優位性があるためです。

WEBライターのスキルアップ方法

まずは書き続けることを意識する

WEBライターとして始めたばかりのときはとにかく書き続けることを意識しましょう。事前にあれこれ考えるよりも色々な記事について書くことであなた自身がどのようなジャンルが得意なのか、どのような文章の癖があるのかを把握しておくことが大切です。手を動かさないとスキルアップに繋がることはありません。第三者に読んでもらって文章を確認してもらうとなお良しです。

できる限り色々な書籍を読む

文章を書くことに慣れてきたら同時並行で様々な書籍を読むと良いですね。色々なジャンルの書籍に触れることで文章の書き方や語彙力が強化されます。また、得意なジャンルに関する書籍を読めば知識が付きますので、より質の高い文章を書けるようになります。書籍を読む中で興味のあるジャンルがあれば関連する記事を書くことで仕事に幅が出てきます。

将来に向けて行動していく

将来どうなりたいのかということを意識しておくことも重要です。WEBライターとして極めていくのか、あるいはWEBディレクターやWEBプロデューサーを目指したいのかを考えておくと良いですね。色々な人と会って情報共有することも重要ですね。最新の市場動向を知れば何をすればいいのかがわかりやすいと思います。

最後に-弊社がWEBライターの方に求める人物像

弊社がWEBライターに求める人物像は、これまで書く経験が豊富かどうかです。大学のレポートでも良いですし、雑誌や書籍のライターでも問題ありません。一時的なものではなくできれば継続して書いた経験を重要視しています。弊社が書く経験を重視する理由は、書くことに慣れていないと厳しい職種だと考えているからです。

未経験の方でも書きたいという意欲があれば歓迎いたしますが、将来どのようになりたいのか明確な目標がある方が対象です。もちろん将来WEB関連事業で独立をしたいでもOKです。また、次の熱中したことがあるかどうかも重視します。

そして、これまでに熱中したことがあればなお良しです。他の人よりも熱中していて詳しいあるいは強いなどがあると良いですね。これは応募までの経験が重要となりますが、誰でも一つは熱中したことがあると思います。弊社ライター職に応募される方はあなたの熱中したことについてぜひ教えてくださいね!